寄稿“令和時代”の医療と介護―地域や現場から考える

第5回 平均在院日数って悩ましい数字ですよね ①平均在院日数の短縮は本当に病院の利益につながるのか?

2019年12月26日

●「病院を運営する」ということ 誰しもが利用することになると思われる病院であるが、「病院がある」というのは現代の日本では当たり前の感覚であろう。では、その病院を「運営する」という点はどうであろうか。お...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

寄稿 一覧一覧

寄稿:“令和時代”の医療と介護―地域や現場から考える一覧