日本専門医機構の寺本民生理事長は24日の定例会見で、2022年度の専攻医の応募状況について、現時点で2次募集での採用が636人になったと報告した。また、10月からの官報告示等で使用する基本領域の機構専門医の名称について検討を進めていることなどを説明した。 寺本理事長によると今回の2次採用636人のほか、1次採用8658人がすでに決定。2次採用までに決まらずに最終調整中が215人で、約9500人と ...続き
1月26日

ニュース 一覧

 厚生労働省の医薬・生活衛生局医薬品審査管理課と新型コロナウイルス感染症対策推進本部は21日付で、「ゼビュディ点滴静注液500mgの有効期限の取扱いについて」を都道府県などに事務連絡した。ゼ ...続き
1月26日
 全国保険医団体連合会(保団連)は24日、2022年度診療報酬改定に向けた緊急改善要請書を、後藤茂之厚生労働相などに宛てて提出したと発表した。 要請内容は▽リフィル処方箋の導入はしないこと▽ ...続き
1月26日
 大阪府は24日、新型コロナウイルスの感染状況を判断する府の独自基準「大阪モデル」に基づき、警戒水準を最大の「非常事態(赤信号)」に引き上げた。同日から観光名所の通天閣(大阪市浪速区)と太陽 ...続き
1月26日
 松野博一官房長官は24日の記者会見で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、卸売業者にPCR検査試薬や抗原検査キットの安定供給を要請したと明らかにした。供給不足の解消 ...続き
1月26日

時事解説 一覧

     2022年度診療報酬改定に向けた中医協の議論が大詰めを迎える。今月12日には、急性期入院医療の一般病棟用等の重症度、医療・看護必要度の見直し案と、それに伴うシミュレーション結果の報告を受けた。14日 ...続き

聴診記〜きく・みる・しるす〜 一覧

     新型コロナウイルス感染症の新たな変異株「オミクロン株」の流行で、社会経済活動の維持に必要な労働者を表す「エッセンシャルワーカー」という言葉が注目を集めている。感染拡大でエッセンシャルワーカーの欠勤が ...続き

寄稿 一覧

この国の医療のかたち

尾形 裕也

第93回 2022年を迎えて、診療報酬改定、外来機能報告等

●2022年を迎えて:健康保険法100周年 新年おめでとうございます。新しい年、2022(令和4)年の幕が開きました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年は健康保険法制定からちょうど100年目 ...続き