7対1病床、動きは夏以降に本格化

2014年6月6日

 2014年度診療報酬改定への対応は、夏以降に大きく動き出す。特に7対1入院基本料の算定病院にとっては、新たな「重症度、医療・看護必要度」が適用されるのが10月以降のため、時間をかけて判断しようとする...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

解説 一覧一覧