MEDIFAX digestトップ > ニュース > 医療・看護必要度での後発品評価、先発品に準じて  疑義解釈その8

医療・看護必要度での後発品評価、先発品に準じて  疑義解釈その8

2018年10月12日

 厚生労働省保険局医療課は9日付で、2018年度診療報酬改定に関する疑義解釈(その8)を都道府県などに発出した。一般病棟用の重症度、医療・看護必要度Ⅱで、A項目の評価をする場合の後発医薬品の取り扱いを...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧