被災地で脳卒中増える恐れ  政府に予防体制要請

2011年8月2日

 日本脳卒中学会は7月31日、東日本大震災の被災地で脳卒中が増える恐れがあるとして、政府に対し、被災者の生活環境の改善と有効な予防体制を整備するよう声明を発表した。 学会開催地の京都市内で記者会見した...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧