骨髄細胞移植で骨形成促す  名大病院、新技術を確立

2011年7月28日

 名古屋大病院(名古屋市)は26日、骨の疾患で身長が伸びない低身長症などの治療法として、患者の骨髄細胞を培養して作った骨の基になる細胞を体内に移植し、骨の延長形成を早める新技術を確立したと発表した。 ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧