装置の電源抜け患者死亡  宮城の県立病院

2011年7月28日

 宮城県立循環器・呼吸器病センター(同県栗原市)は26日、心筋梗塞で入院していた80代男性患者の心肺維持装置の電源コンセントが抜け、その後男性が心不全で死亡したと発表した。 センターによると、男性は1...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧