国循不正論文、所長に過失  共著者、図の取り扱いで

2021年6月11日

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)の研究論文2本で捏造や改ざんがあり2人が3月に懲戒処分を受けた問題で、調査委員会が1本の共著者だった望月直樹研究所長について、図の取り扱いで過失を認定していた...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧