iPS角膜細胞移植を申請  慶応大チーム、厚労省に

2021年6月10日

 慶応大の榛村重人准教授らのチームは8日、角膜が混濁して視力が低下する水疱性角膜症の患者に対し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った角膜の細胞を移植して治療する臨床研究計画を厚生労働省に申請したと...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧