不妊治療死で医師略式起訴  北九州、院長らは不起訴

2020年7月30日

 北九州市のセントマザー産婦人科医院で2016年、不妊治療の処置を誤り女性を死亡させたとして、折尾区検は28日までに、業務上過失致死罪で、担当していた男性医師(39)を略式起訴した。院長(71)ら2人...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧