「大阪モデル」大幅緩和、経済重視・休業要請は限定  感染者増加で修正前倒し

2020年7月7日

 大阪府は3日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、自粛要請の可否などを判断する独自基準「大阪モデル」の修正を決めた。警戒の目安を大幅に緩和し、同日から運用を始めた。地域経済の再生や社会活動の継続を...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧