対策の始動機会逃す恐れ  新基準、専門家から異論も

2020年7月7日

 大阪府が3日に決定した新型コロナウイルス対策の新しい「大阪モデル」は、感染拡大の兆候を広く知らせる“黄信号”が従来より点灯しにくくなった。対策の始動が遅れて流行の波が大きくなるリスクもあり、府の専門...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧