認知症不明者1万7000人超、過去最多・7年で1.8倍  早期発見へ官民連携強化

2020年7月3日

 2019年中に認知症やその疑いで行方不明となり警察に届け出があったのは、前年より552人増の1万7479人だったことが2日、警察庁の集計で分かった。12年の統計開始から毎年、過去最多を更新し7年で1...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧