コロナ遺体の解剖実態調査  学会、感染防止策が急務

2020年6月4日

 日本法医学会と日本法医病理学会が、新型コロナウイルスに感染した遺体の司法解剖の受け入れについて実態調査を始めたことが2日、両学会関係者らへの取材で分かった。警察の打診を断り解剖できないケースがあった...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧