コロナ患者が遠隔リハビリ  京セラなど来年春に実用化

2020年6月4日

 京セラは東京医科歯科大と共同で、リハビリが必要となった新型コロナウイルスの患者に対し、医療スタッフが遠隔で運動などを指導できるシステムの研究を始めた。医療スタッフの感染リスク低減と患者の早期回復を両...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧