医療ミスで認知症と告訴状  福岡、カテーテル挿入中に

2020年6月4日

 福岡県久留米市の久留米大病院で2018年5月、心臓にカテーテルを挿入する手術中に、医師が処置を誤り、当時70代の男性患者(19年に肺炎で死亡)が重度の認知症になったとして、男性の遺族側弁護士は2日、...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧