受精卵の膜除去で2人妊娠  鳥取のクリニックが発表

2020年5月21日

 受精卵を取り巻く透明帯という膜を取り除いて培養し子宮に戻す新たな手法によって、女性2人が妊娠したと、鳥取県米子市の「ミオ・ファティリティ・クリニック」(見尾保幸院長)が19日明らかにした。体外で培養...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧