新医療技術実用化へ拠点  京大、iPSやがん対象

2020年4月8日

 京都大は6日、基礎研究で生まれた医療技術を臨床応用につなげるため、動物実験を終えて初めて人に行う早期臨床試験の拠点を京大病院に設置した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った治療のほか、がんや希少疾...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧