イベルメクチンに抑制効果  新型コロナ、大村氏開発

2020年4月8日

 オーストラリアにあるモナシュ大の研究チームは6日までに、2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大特別栄誉教授が開発した抗寄生虫薬「イベルメクチン」が新型コロナウイルスの抑制に効果があ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧