五輪用施設に軽症者収容、医療崩壊回避へ政府検討  数千床、延期で転用可能

2020年4月6日

 政府は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く東京都の医療提供体制を支えるため、東京五輪・パラリンピックで警備に当たる警察官が使用する都内の臨時宿泊施設を軽症者らの治療に転用する方針を固めた。感染者が急...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧