金沢医科大に賠償命令判決  1100万円、手術後死亡

2020年4月1日

 金沢医科大病院(石川県内灘町)で2015年、同県津幡町の70代男性が肝細胞がんの手術後に大量に出血し死亡したのは、医師間の情報共有がされず処置が遅れたのが原因として、遺族が計約4400万円の損害賠償...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧