介護費200万円不正受給  宮城の事業者指定取り消し

2020年3月30日

 宮城県は26日、介護サービス費約200万円を不正受給したり、職員が入居者に虐待したりしたとして、訪問介護事業所などを運営する「高齢住宅整備会」(名取市)の事業者指定を取り消した。 県によると、201...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧