iPS血小板予定通り輸血  京大臨床研究、安全評価へ

2020年3月27日

 京都大は25日、難病貧血の患者に対し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った血液成分「血小板」の輸血3回を予定通り終了したと発表した。昨年から患者1人を対象に臨床研究として実施していた。これまでに...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧