配管から湯漏れ患者やけど  仙台の東北大病院

2020年1月14日

 東北大病院(仙台市)は9日、西7階病棟の天井裏を通る給湯管が破断し、漏れ出た湯で入院患者1人が背中などに軽いやけどを負ったと発表した。パイプの部品が外れており、老朽化が原因とみられる。管には約70度...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧