救急車、東京五輪へ増台  消防庁、多言語対応も

2019年8月21日

 2020年東京五輪・パラリンピック期間中は、炎天下での観戦などによる熱中症患者の搬送の急増が懸念されている。東京消防庁は救急車の不足を防ぐため、車両の交換時期を調整して大会期間中は一時的に台数を増や...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧