iPS備蓄事業移管を了承  安定供給へ新法人設立

2019年8月13日

 文部科学省の専門部会は8日、京都大が実施してきた、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を備蓄して研究機関などに提供する「ストック事業」を、外部の公益法人に移管することを了承した。事業を大学から切り離すこと...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧