肺がん見落とし、和解成立  杉並区が謝罪、東京地裁

2019年8月13日

 東京都杉並区が実施する検診で肺がんを見落とされ、適切な治療を受けられずにがんが進行したとして、70代の男性が検診を実施した「河北健診クリニック」を運営する社会医療法人と区に計約1600万円の損害賠償...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧