バリアフリーを遺産に、自由に移動できる社会へ  真夏の祭典まで1年、東京五輪

2019年7月12日

 政府は東京五輪・パラリンピックを見据え、車いすのまま乗車できる福祉タクシーの導入や、駅や空港など旅客施設のバリアフリー化を全国規模で後押ししている。大会のレガシー(遺産)として「誰もが自由に移動でき...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧