着床前検査は研究拡大  繰り返す流産、数千人規模

2019年6月25日

 日本産科婦人科学会は22日、体外受精をした受精卵の染色体異常を調べ、正常な受精卵を子宮に戻す「着床前スクリーニング」について、実施施設を増やした新たな臨床研究を始めると発表した。体外受精を何度も失敗...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧