「術後徘徊でけが」と提訴  愛媛の男性、後遺障害負う

2019年5月15日

 松山市の男性(76)が手術後に徘徊してけがをしたのは入院先の愛媛県立中央病院(同市)が注意義務を怠ったためだとして、男性と家族が県に約8500万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴したことが13日、分...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧