ゲノム編集で出産、停止を  開発者ら科学誌で提言

2019年3月15日

 人間の精子や卵子、受精卵の遺伝子を改変し、子どもをつくるようなゲノム編集技術の医療応用は世界全体で一時見合わせ、その間に技術の使い方に関する国際的な枠組みを作るべきだとの提言を、海外の開発者や倫理の...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧