がん見落とし死亡、和解  遺族と名大、賠償金支払い

2019年3月13日

 名古屋大病院で定期的にコンピューター断層撮影(CT)検査を受けていた男性が死亡したのは、病院が肺がんを見落としたのが原因として、男性の妻が大学に約2億6600万円の損害賠償を求めた名古屋地裁の訴訟は...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧