患者死亡で3000万円賠償  宮崎県立病院、遺族と和解

2019年2月15日

 宮崎県立延岡病院で2016年6月、大動脈瘤の手術を受けた60代の男性患者が手術後に出血性ショックで死亡する医療事故があり、同県は14日、過失を認め、賠償金3680万円を支払うことで遺族と合意したと明...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧