MEDIFAX digestトップ > ニュース > 「得点操作は遺憾」文科相  昭和大は救済を検討

「得点操作は遺憾」文科相  昭和大は救済を検討

2018年10月17日

 柴山昌彦文部科学相は16日の閣議後記者会見で、昭和大が医学部の一般入試で現役や1浪の受験生に加点し、卒業生の親族を優遇する不正を認めたことを受け「公正かつ妥当に実施されるべき入試で、受験生に開示する...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧