米国、エボラ警戒強化  ウガンダからの入国者

2022年10月12日

 米国政府は6日、エボラ出血熱への警戒を強化し、同感染症が拡大しているウガンダに過去21日以内に渡航歴がある入国者を対象に検査を行うと発表した。 ケネディ、ダレス、ニューアーク、オヘア、アトランタの各...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧