ペーボ教授、震災被災地の研究に関心  9月に講演、気さくな人柄

2022年10月5日

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まったドイツ・マックスプランク進化人類学研究所のスバンテ・ペーボ教授は、東日本大震災の被災地で進むゲノム(全遺伝情報)分析の研究に関心を寄せていた。9月には東北大の東北...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧