「透析せず」1400人  腎不全患者、2年間で

2022年6月30日

 2018~19年の2年間で約1400人の腎不全患者が、人工透析治療を中止したり開始を見送ったりしたことが、日本医療研究開発機構(AMED)研究班の全国調査で28日までに判明した。研究班はこうした実態...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧