手術遅れ長女に障害、和解  山形の病院、両親に賠償金

2022年6月30日

 帝王切開の手術が遅れ、仮死状態で生まれた長女に重度の障害が残ったとして、両親らが山形県米沢市立病院を運営する市に約2億円の損害賠償を求めた訴訟があり、山形地裁(本多幸嗣裁判長)で28日、和解が成立し...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧