手術で機能障害、和解へ  鹿児島市立病院と女性患者

2022年6月6日

 鹿児島市立病院で2010年、子宮全摘手術の際に尿管が損傷し膀胱の機能障害になったとして、宮崎県の50代女性が市に損害賠償を求めた訴訟は、市が500万円を支払い和解する見通しであることが2日、病院への...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧