小児急性肝炎、650件に  33カ国で報告とWHO

2022年5月31日

 世界保健機関(WHO)は27日、原因不明の小児急性肝炎の可能性がある患者が、今年4月から世界33カ国で650件報告されたと明らかにした。このうち9人が死亡し、少なくとも38人が肝移植を必要とした。さ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧