サル痘拡大「異例」と警戒  WHO、患者200人に

2022年5月31日

 世界保健機関(WHO)は27日の総会で、動物由来のウイルス感染症「サル痘」が従来継続的に発生してきたアフリカ以外で感染が広がっていることは「異例」として、加盟国に対し警戒を訴えた。これまでに欧米を中...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧