がんの薬、効率的に特定  iPS技術応用の新手法

2022年4月28日

 さまざまな細胞に変化できる人工多能性幹細胞(iPS細胞)が、がん細胞からはうまく作れないことを利用し、治療薬候補を探す手法を開発したと東京大医科学研究所などのチームが26日、発表した。同研究所の山田...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧