ES細胞からラットの精子  受精後は子に成長、東大

2022年4月11日

 東京大などの研究チームは、ラットの胚性幹細胞(ES細胞)を使い、精子のもとになる細胞を体外で作ることに成功したと7日付の米科学誌サイエンスに発表した。雄の精巣に移すと精子になった。さらに、これを卵子...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧