オミクロン症状、発熱最多  沖縄、嗅覚・味覚障害1%

2022年1月18日

 沖縄県で新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を調査した結果、最も多い症状は発熱で、嗅覚・味覚障害は約1%だったことが15日、県専門家会議に提供された国立感染症研究所作成の報告書で分か...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧