精子や卵子保存、情報登録・がん患者対象  学会、不妊治療分析

2021年12月28日

 日本がん・生殖医療学会は、がんの治療によって生殖機能が損なわれる場合に備えて精子や卵子を凍結保存した患者の情報登録システムの運用を2022年1月から始める。登録者は専用のアプリで定期的に病状や不妊治...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧