米でオミクロン株が主流に  前週の6倍、73%占める

2021年12月22日

 米疾病対策センター(CDC)は20日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が、これまで主流だったデルタ株を逆転したとの推定を発表した。18日までの1週間の感染者に占める割合は73%で、前...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧