子宮頸がん、異常率上昇  検査で、接種率低い世代

2021年12月22日

 大阪大や新潟大の研究チームは20日、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンの接種率が低い世代は高い世代に比べ、20歳時点で受ける子宮頸がん検診での異常率が高いとの...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧