島根大などワクチン開発へ  副反応少なく、25年目標

2021年12月21日

 島根大や京都大の研究グループは18日、記者会見し、新型コロナウイルスワクチンの開発に着手したと発表した。生体由来の成分を基にしていて、副反応リスクが低い可能性があるという。2025年ごろの実用化を目...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧