バルブ劣化で薬品混入  群馬大病院の飲水水質異常

2021年12月20日

 群馬大病院は16日、同病院で10月に発生した飲み水の水質異常に関し、配管をつなぐバルブに経年劣化が生じ、薬品を含んだ空調用の水が混入したことが原因だったと発表した。入院中の乳児10人が一時体調不良と...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

ニュース 一覧一覧