最新ニュースニュース一覧 RSS

「医療は社会的共通資本」の理念共有を  日医・将来ビジョン委答申

 日本医師会は18日、会内の「第三次医師会将来ビジョン委員会」(委員長=佐原博之・石川県医師会理事)がまとめた答申「医療の今日的課題に対して医師会員は何をすべきか」を公表した。(4月20日) » 続きを読む(ログイン)

主要記事

難病・小慢のDB、提供先は原則「厚労省や関係研究機関」  厚労省(4月20日)
 厚生労働省は18日の厚生科学審議会・難病対策委員会と社会保障審議会・小児慢性特定疾患児への支援の在り方に関する専門委員会の合同会議で、指定難病と小児慢性特定疾病の2つのデータベース(DB)の当面の利活用の在り方について、議論の取りまとめ案を示した。
18年度審査支払いの事務費単価を改定  支払基金(4月20日)
 社会保険診療報酬支払基金は18日、2018年度の審査支払いに関する事務費単価を改定し、保険者と契約を締結したと発表した。保険者が受け取るレセプト区分ごとに、レセプト1件当たりの手数料を定めた。新たな事務費単価は、18年4月審査分の請求から適用する。
社会保障費の伸び、従来の「目安」以下に  経団連、財政審で主張(4月19日)
 財務省が17日に開いた財政制度等審議会・財政制度分科会(分科会長=榊原定征・経団連会長)で、経団連は2019年度以降の社会保障関係費の伸びについて、16~18年度の伸びを計1.5兆円程度とした従来の「目安」以下に設定すべきだと提言した。
未コード化傷病名への対応を  規制改革会議医療・介護WG(4月19日)
 規制改革推進会議の医療・介護ワーキンググループは17日、厚生労働省と社会保険診療報酬支払基金から基金改革の取り組み状況をヒアリングした。
» その他のニュース

フォーカスシーン フォーラム インタビュー RSS

シーン
加藤厚労相、医療法改正案「医師の地方勤務を後押し」  衆院で所信(3月13日)
 加藤勝信厚生労働相は9日、今国会初めての衆院厚生労働委員会で所信を表明し、「医師の偏在を可視化できる指標を整備し、都道府県が主体的に医師確保対策を推進する体制を構築するとともに、医師の地方勤務を後押しすることなどを内容とする法案(医療法・医師法改正案)を今国会に提出する」と述べた。
医療計画で研修会、地域のキーパーソンが集合  厚労省、偏在指標は「来年度」(2月14日)
 厚生労働省は9日、東京都内で「医療計画策定研修会」を開いた。都道府県単位の医療政策を考える上でキーパーソンとなる、各地の行政、病院、医師会、大学関係者が集合。
「日本公的病院精神科協会」が発足へ  全自病会見で公表(1月15日)
 全国自治体病院協議会の中島豊爾副会長は11日の定例会見で、精神科の公的医療機関を中心とした団体である「日本公的病院精神科協会」(公精協)を26日に設立することを公表した。自治体病院、国立病院機構、日本赤十字社、済生会などが中心となり立ち上げる。
フォーラム
「終末期」か「人生の最終段階」か(4月18日)
 厚生労働省は3月、人生が終わりつつある段階で、本人が望む医療やケアを受けられるようにするための指針を改訂した。
この国の医療のかたち 第48回
年度末に考えたことなど(4月17日)
 現在、本稿を執筆しているのは、平成30年3月31日、つまり平成29年度の最終日、年度末時点ということになります。
「おもてなし」の実現に向け、訪日客への医療体制構築が急務(4月13日)
 外国人観光客に対する医療問題が3月末の日本医師会臨時代議員会でも質問に上がるなど、大きく取り上げられ始めた。
インタビュー
日医・横倉会長、地域別診療報酬に反対姿勢  「全国一律の単価で」(4月13日)
 財務省が11日の財政制度等審議会・財政制度分科会で示した提言に、高齢者医療確保法(高確法)に基づく地域別診療報酬の特例の活用が盛り込まれたことについて、日本医師会の横倉義武会長は同日の記者会見で反対する姿勢を示した。
回復期リハ病棟の実績指数「原則病院単位で集計を」  リハ医学会・石川氏(3月22日)
 日本リハビリテーション医学会特任理事の石川誠氏(医療法人社団輝生会理事長)は17日、回復期リハビリテーション病棟協会の2018年度診療報酬改定説明会で講演し、回復期リハビリ病棟入院料の実績指数については原則病院単位で集計する方向にあると説明した。
介護医療院創設で、老健など他施設・サービス影響も  武久氏と武藤氏(2月23日)
 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は21日、大阪市で開催中の「メディカルジャパン2018」で講演した。

MEDIFAX web ニュースヘッドライン

看護必要度Ⅱ、対応に苦慮する医療機関も
自民・財政再建特命委、増税の必要性を指摘する声も
後期高齢者は原則2割負担に、「現役並み」の判定見直しも  財務省
財務省、医療保険「給付率見直し」の必要性を主張  諮問会議WGで
高齢者医薬品適正使用の指針・詳細編、療養環境別に各論作成  厚労省
遺伝子治療の研究開発推進で方針まとめ  政府・有識者会議
地域別診療報酬の積極活用に慎重意見相次ぐ  医療保険部会
NDBと介護DBの連結解析へ有識者会議を設置、秋にも報告書  厚労省
地対協構成員、女性比率に配慮へ  加藤厚労相、参院厚労委で
偏在是正に向けた医療法改正案の国会審議が本格化  「偏在指標」「少数・多数区域」に関心
三ッ林氏「終末期医療のGLを担保する法整備を」  自民PT
専門実践教育訓練給付金、教育年限4年の養成所も対象に  日看協が要望
20日の衆院厚労委、再び委員長職権で開催  生活保護法改正案を審議
来秋の国体などへ包括連携協定を締結、全国初  茨城県の四師会
「会員向けセミナー」に注力、関心高いテーマの理解深める  神奈川県医
APU・出口学長「定年廃止で財政好転」  自民・人生100年本部
〔新刊〕じほう「医師のための保険診療入門 2018」
同時改定踏まえ病床再編を検討、地域包括ケア病棟への移行も  池端病院
〔案内〕一橋大政策フォーラム「データから見る日本の医療」  5月18日
データヘルス時代の母子保健情報活用で検討会  厚労省、25日に初会合

メディファクス・ウェブメディファクス・ウェブを開く

MEDIFAX webのニュースをご覧いただくには、MEDIFAX webのご契約が必要です。

お知らせ

医療ICT NEWS FILE【No.59】NEW
じほうのWEBメディア「MEDIFAX」「日刊薬業」「PHARMACY NEWSBREAK」に掲載された医療分野におけるICT関連ニュースだけを再編集した閲覧フリーコンテンツです。>>> 最新号はこちら

メール(月2回・無料)も配信中です。>>> メール配信の登録はこちら


カレンダー